読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

惨劇のキリングメイド。

「アイドル。というくくりで音楽を選ぶがよい」という部長からのお題をいただき、あたしは途方に暮れたのである。
あたしのアイドル萌え遍歴で、最後に好きになったのはももいろクローバーZなのだが、いろいろと「玉井は可愛いなあ」「れにちゃんはなんだか困った人だなあ」などと言いつつ考えてみるに、別にメンバーに萌えているわけじゃなくて、あの太っちょプロレスバカ、こと川上アキラ氏に萌えていたことに気付き、「あ、あたしにはアイドルに萌える才能が無い」と、少しがっかりしたことがある。アイドルより、その後ろでいろいろと手掛けるプロデューサーに興味がある。
別に困ることでもないのですが。ただ、ああして熱狂することができないあたしとしては、非常に羨ましい。

そこで、楽曲の良さ。ていうか、あたしの好みの曲を選び、曲順を決める。というプチプロデューサーみたいなことでお茶を濁す方面にシフトした。
方向を決めてニヤニヤしながらTwitterを眺めると、吉田豪氏のツイートが面白すぎて、また少し考えてしまった。
アイドルに憧れる女の子の夢と身体を文字通り喰い漁ったり、カネ持ってとんずらしたり、なクソ男たちがいるかと思えば、ライヴ中にリストカットしちゃう娘がいたり。あたしは女の子が辛そうな顔をしているのがこの世でいちばんイヤなものであって、「こんな業界、潰れてしまえ」と思ってしまったりもした。


前置きが長すぎたので、各楽曲の解説。というより講釈。

1 夢見るシャンソン人形 France Gall
「アイドル」というお題でまず思いついたのが、コレ。この歌の歌詞については、いろんなサイト/出版物で解説があるので書かない。
ただ、あたしの所有しているベスト盤では「ヌカ人形」と訳されており、そこが気に入らない。ここはやはり「オガクズ人形」としてほしかった。そう言えば、「殺人鬼フジコの一生」というミステリのなかでこの歌が効果的に使われている。主人公であるフジコが被害者を絞殺しているときに、コレを爆音でプレイすると、なんか笑えます。小説は笑い事じゃないんですけどね。絞殺のあとは、バラバラにしてトイレに流すのな。

2 東京は夜の7時。 野本かりあ
ピチカートのカバー(1回目)。BPMを元曲から速めて、さらに派手にした仕上がり。プロデューサーは小西康陽氏なので、ピチカート本人が作った別ヴァージョン。
明るい曲調ではあるが、歌詞は暗い。「待ち合わせした レストランは もう潰れてなかった」り、「とても淋しい あなたに逢いたい」って言っている。この曲の初出は確か、バブル経済が終わりかけの頃。そういうのを思うと、そりゃ歌詞は暗くなるわな。

3 Perfume Spring of life
皆さんご存知のPerfume。あたしも一時期ファンでした。でも離れたのは、中田ヤスタカ氏に少し飽きてきたから。自室から引っ張り出すのが大変でした。

4 ワニとシャンプー ももいろクローバーZ
ももクロちゃん。コレがいちばんカッコいいと思う。ほら、「マツケンサンバ」とかの、ラテンフレイヴァーをかけた歌謡曲の歴史ってあるじゃないですか。それの最新型として使えます。

5 色彩のサンバft.カヒミ・カリィ 菊地成孔
コレはアイドルの棚に入れてはいけないと思う。でも入れた。夏の午後にアイスミントティーとかと合わせたいですよ。

6 ヒッピー・デイ lyrical shcool
ピチカートのカバー(2回目)。このラップのへたくそなところが可愛くてしょうがない。
そう言えば、Negiccoが小西氏プロデュースのレコーディングのときに、歌い慣れてないテイク1をOKテイクにされて「もっとあたしたち、上手く歌えます!」って直訴したそうです。小西氏は、もちろん無視したそうですが。

7 さよならft.OMSB Rinbjo
女優の菊地凛子さんが、菊地成孔氏プロデュースで歌手デヴューしたのですが、これが残念ながらあまり売れていないようです。
もったいない。トラックがカッコいいだけでなく、リリックは20代後半から30代の女性に向けた、ジェンダーとかセクシャリティを取り扱った傑作なのに。味が濃すぎるのか?
その中から、いちばん切ない曲をセレクトしました。

8 悦びに咲く花 ACO
コレは古いです。この曲については砂原良徳氏のアレンジと打ち込みが全てですね。「LOVEBEAT」は、良い作品だった。

9 恋はパニック ベイビーレイズ
めちゃイケを観てたら、ギターがカッコいいなあ。と思って購入した。キラキラ具合も良い感じです。他にどんな曲をリリースしているかは知らない。

10 スウィート・ソウル・レヴュー バニラビーンズ
ピチカートのカバー(3回目。こういうことは、やっちゃダメ)。
ラストもピチカートか。と、自分の音楽性の幅の狭さに軽くイラつく。
バニラビーンズも、なかなかブレイクしない。やっぱりロリ感がないからですかね。小さい女の子が歌って踊るのは確かに可愛いけど、そればっかってのはどうかと思う、今日この頃。


以上10曲。もし次回があるならば、自宅で繋いだノンストップMixを納品すると思います。

それではまた。おやすみなさい。