読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ大好き❤

どうも最近、風邪が流行っているようですけど、皆さんはどうすか? あたしは風邪はひいてはいないけど、疲れを隠せなくなってきたです。なんでもいいから一日中ゴロゴロして、「空から女の子が降って来ないかなあ」とか、童貞拗らせ過ぎてもうなんだか意味不明なことを考えて一日を終えたい。
でもまあ、童貞ってのもなんか微妙ですね。ただ単に「未経験の男性」。っていうのとは、だいぶ意味が変わってきているような。経験豊富なプレイボーイでも、童貞的なメンタリティを抱えてしまっている人もいるし。どうにもモヤモヤした感じですけども、このモヤモヤした感じこそが、童貞そのもののように思えるのですが、皆さんはどう思われますか。どうでもいいですかああそうですか。

急に肉をたらふく喰いたくなったので、昨日はステーキを食べたのでした。
ステーキと言っても、意外とヴァリエーションがあってですね、ファミレスで供されるレヴェルのものから和牛のA5ランクレヴェルまで、まあ値段はピンキリですよね。高いプライスの肉が美味しい肉かどうか。という問題もありますけど。

昨日あたしが食べたかったのは歯応えが有りすぎなくらいあって、アメリカンなスタイルのステーキ。変に日本人に媚びてない、ほぼ肉塊みたいなヤツを、ワインなんぞで流し込む。ということをやってみたかったんですね。

で、チョイスしたのは丸栄近くの「ブルックリンマーケット」。肉とクラフトビールのお店です。あたしはこう見えて実はブルックリン産まれヒップホップ育ちなもんですから(嘘)、つい懐かしくなってね。



f:id:hattorifumitaka:20151106195535j:plain


この大きさでハーフポンド。なんか雑な感じのヴィジュアルが好感触。
肉を噛みしめる度に溢れるアミノ酸が、あたしをゆっくりと癒していく。動物の命を戴いている。という実感が、あたしをリラックスさせてくれたのでした。

このステーキと牛のリエット、飲み物にグラスのシャンパーニュクラフトビール、グラスの赤ワイン。テーブルチャージ含めてお会計は5,600円くらいでした。そんなに高くなくてほっとしました。
また行ってみよう。今度はランチタイムに(ハンバーガーが旨そうだった)。