読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

殺戮女中の手口。第二回。アイドル・神様・骨折。

少し日が空いてしまいましたが第二回。最近暑い位な陽気です。暖かくなると美味しくなるのが菜の花だったりスナップエンドウだったりしますな。昨日の晩飯に食べたのですが。旨かったなー。

しかしまああれですよ。ちょっとアイドルが多すぎませんかね。「天使過ぎるアイドル」とかいう女の子が出てきましたけど、まあその、確かにかわいいけどもね、この国はいつからそんなにかわいい娘が増えたのでしょう。んで、ちょっとかわいい娘はみんなアイドルのフォルダに放り込んでいる。みたいな現状じゃないですか。
アイドル。ということばを忠実に訳すと、偶像って意味になりますから、イスラム原理の人はムカつくだろうなあ。偶像崇拝は禁止ですからね。ていうか、仏陀もキリストも、偶像崇拝は良くない。みたいなこと言っていたような気もする。言った側から山ほど絵画・彫刻になってるけど。

って、ここまで喋ってて思ったけど、今のアイドルの乱立ぶりは、日本の神道的なことなのかなあ。ほら、日の本の国は八百万の神様を持つ国ですからね。それぞれの信仰があるわけですよ。出雲大社に集まりもするわけ。さらに海外からやって来た神様も、日本的柔構造のなかで拝んだりする。七福神のルーツは、ヒンドゥーの神様ではなかったでしょうか。
そうやって考えると、アイドルが多いのは、別に今始まったことじゃない。ただ、別の宗派、要するにAKB ヲタの一部がモノノフをdisったりするのは歴史的に見て初めての現象かも知れませんね。
AKB さんのシステムは、どうしても個別の恋愛感情が発生してしまうものですから。ある種の風俗産業的なエッセンスが混じってますよね、あれ。

などと思っていたら、番組収録中にももクロのあーりんが脚を折ったそうです。これはまずい。日産スタジアムに間に合うのかな、と思いつつ、今日はこの辺でお開き。